テニスの日焼け対策4つの予防方法について

テニス日焼け

テニスの日焼けはこれから夏にかけて早めに対策を取っていかなければなりません。メンズの日焼け対策は帽子をかぶることが手っ取り早い方法ですが、レディースは頭や顔だけでなく、腕や手の甲も守っておきたいところですね。熱中症対策にもつながるテニスの日焼け対策ですので、基本的な防止策をおさえつつ、夏場のテニスをエンジョイしましょう。

テニス日焼け対策まとめ

  • 練習環境を改善する
  • 帽子やサンバイザーを着用する
  • フェイスマスクを着用する
  • 日焼け止めクリームを塗る
などが有効です。

そもそも日焼けしない方法とは

それはズバリ直射日光に当たらないこと。

身も蓋もない話で申し訳ないですが、日焼けをどうしても避けたいなら、屋内コートや屋根のあるコート、また、紫外線量の少ない早朝やナイターに練習をするべきです。

テニスのコーチやプロの選手でない限り、どうしても日焼けする時間帯にやらざるを得ないということは無いはずです。直射日光を避けられる、環境や時間を改善できないか、一度考えてみても良いかと思います。

日焼け対策・帽子やサンバイザー

メンズの日焼け対策にはまず、帽子やサンバイザーをおすすめします。

直射日光が頭皮に当たり続けると、将来的に禿げる可能性もありますので、簡単に頭を守るならば、帽子をかぶるのが手っ取り早い対策です。

プロの選手も30歳以降、禿げていく選手が多いですよね。ちなみにオーストラリアのコーチはカウボーイハットをかぶってレッスンしてました。ワイルド感がアップしてカッコよかった。

オーストラリアは紫外線量が日本より多いですからね、日焼けを通り越してやけどします。サンバイザーも眩しさから守ってもらえて良いですが、頭は守れないので真夏は注意が必要です。

日焼け対策・フェイスマスク

レディースの日焼け対策は、首もとまでガードできるタイプのフェイスマスクがおすすめです。冷感タイプもありますので、機能面にも注目して選びたいですね。

まずはこういったタイプから試していくと良いと思います。

UPF50+・UVカット率99.9%
日焼け防止 紫外線対策 耳かけタイプ
薄くて涼しい冷感布地

日焼け対策・日焼け止めクリーム

最近は日焼け止めクリームを塗らないで済ませる方が増えました。上記のようなアイテムを活用して、日焼け止めクリームの煩わしさをなるべく抑えるパターンですね。

かといって、日焼け止めクリームも必要ないかと考えると、どうしても露出してしまう部分、手の甲とか鼻の周りなどは少し塗っておきたいですよね。

日焼け止めクリームならば、ベタベタしない塗りやすいタイプがおすすめになります。

まとめ

日焼けが嫌だからってテニスから遠ざかってしまうのも勿体ないですよね。

日焼け対策はテニスだけに限った話ではありません。上手にアイテムを活用してテニスライフをエンジョイしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!