テニスのボールかごレビュー。一番最適なものはどれだろう。

Photo credit: sashomasho via Visualhunt.com / CC BY-SA

テニスの練習には欠かせないのがテニスボール。そんなの当たり前やねん、って突っ込まれそうですが、意外とテニスボールを入れるボールケース、ボールかご、などは結構適当に考えるもんですよね。 スーパーで使うようなカートと買い物かごのような物だったり、はたまた段ボール箱に無造作に入れてみたり、そもそもカゴなんか要らないし、っていうパターンもあるようです。

1対1で練習するような場合は、ボールかごなんて必要ありませんが、グループやサークル、または部活動など、大人数で球出し練習を行う際はやはりボールキャリーが必要になります。 そんなわけで、私自身実際に使用した経験も踏まえ、いろいろ探してみましたので、参考にしていただければ幸いです。いずれもインターネットで購入出来ますので、一番値段の安いところを探してみてください。

練習規模に応じて選びやすいプリンスのテニスボールかご

やはり練習を行うにあたって、ボールを打つ量を重視したい場合はたくさんボールの入るかごが欲しいところです。スーパーの買い物かご程度では、球拾いばかりする時間が多く、集中的に技術を習得するには不向きです。当クラブでも練習に焦点を絞っているので、大量のボールが必要になってきます。以前はウィルソンでも同タイプのかごを販売しておりましたが今は見かけません。そこでお勧めなのはプリンスのボールキャリーとなります。練習の規模に応じて3タイプありますので、丁度よいサイズを選ぶと良いと思います。

当クラブ採用! メーカー価格:¥25,000 収納量:約230球

大規模活動団体。球出しをガンガン行う練習など、人数と球数が多いならこれ!

メーカー価格:17,500 収納量:約150球

練習と試合をバランスよく行うテニス活動に最適!

メーカー価格:16,500 収納量:約80球

試合メニュー中心のテニス活動に最適

今現在、幅広くボールかごをラインナップしているのはPrinceと言えるでしょう。昔はWilsonでもワイドタイプが売られていましたが、今は姿を見ません。Princeではキャスター付きとバッグのみでのラインナップもあり、たとえバッグがボロボロになっても、かごのスペアがあることは安心材料です。ボールかごは大体3~4年経ってくるとボロが出始めます。縫い付けのしっかりしたキャリーバッグを選びたいところです。

他にもお勧めのテニスボールかご

メーカー価格:12,960 収納量:約120球

スペアのかごもあり、生地もしっかりしています。デザインがオシャレなのでファッションに合わせて選ぶのも有りだと思います。さりげないグレーが逆に視線を集める、オシャレ感重視のテニスクラブ向きです。

メーカー価格:16,200 収納量:推定150球x2個

大人数での練習に最適なスーパーのあれタイプです。かごが2個付いているため、部活動で採用していました。車での持ち運びには不向きなので、クラブハウスがあるような場所で重宝します。球拾いの時にキャリータイプとは違い低い位置で入れやすい。

メーカー価格:12,960 収納量:120球(拡大時150球) ボールの収納量を切り替えられるタイプです。一度買ったことはありますが、ずっと拡大版で使用しておりました。我々にとって拡大はあまりメリットを感じませんでしたが、作りはとてもしっかりしていた印象です。

実際に買ってみたレビュー

活動を始めるにあたり、今回はプリンスのテニスボールワイドキャスターバッグ PL062を購入してみました。

中身は、、コンパクトに畳まれて入っています。

広げるとアルミのフレームがバネの力で開くようになっています。アルミなので軽い!

ボールのかごを装着するところはバンドをひと巻きしてワンタッチで止める仕組みになっています。

今回買ってみて分かったのですが、ケースの底面カバーが開く構造になっています。 以前買った物も同様でしたが、この底面カバーは付いておりませんでした。そのため、オムニコートの砂が車の中に沢山落とされていたのですが、今回のボールかごはちゃんとカバーが付いており、砂を落としたい時と、収納するときと、ちゃんと機能的に作られています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA