テニスのポイントの数え方。まずはこれを知らなきゃ試合は出来ない。

テニスはゲームを行うスポーツですので、ポイントの数え方などのルールを知っている必要があります。

まあでもそんなに難しく考える必要はありません。2、3回ゲームを通して動けば、試合のルールはすぐに覚えられます。

習うより慣れろ。まさにこれ。

動きが分かってきたらスコアの数え方やデュース、タイブレークなど、細かいルールについて知識を落とし込んでいってください。

試合の流れ

テニスでは、1ポイントを最小の単位として、4ポイント取ったら「ゲーム」
6ゲーム取ったら「セット」となり、1セットマッチの場合は勝敗が決まります。
3セットマッチの場合は先に2セット取ったほうが勝者となります。

ポイントの数え方
テニスではポイントの数え方が独特で、
0ポイントは(ラブ)
1ポイント取ったら15(フィフティーン)
2ポイント取ったら30(サーティー)
3ポイント取ったら40(フォーティー)
4ポイント取ったらG(ゲーム)
となります。

3ポイントで並ぶとデュースになります。
0ポイントをラブと言うのはなかなか愛がありますよね。
30-0だとサーティーラブです。ポイントを取れない君に愛を。
意地悪な人は(タコ)と言ったりしますし、ゲームカウント6-0で負けると(おだんご)と言われたりします。くやしい!
ポイントの数え方は諸説色々ありますが、時計の針を4分割したものに当てはめた説と、それに45は音の響きが悪いから40にした説とが有力です。
40-40で並ぶと、先に2ポイント差をつけたほうが1ゲームを取ります。
ゲームにリーチがかかるとき、Ad「アドバンテージ」と呼び、サーバー側のリーチであれば、「アドバンテージ・サーバー」となります。

ゲームカウント

6ゲームを先に奪えば、1セットとなり、そのセットに勝利します。
5-5でゲームカウントが並ぶと、先に7ゲームを取らなければならず、6-6で並ぶとタイブレークというマッチゲームが行われます。
タイブレークでは、先に7ポイント取ることで勝利となりますが、6ポイントで並ぶと先に2ポイント差をつけなければ勝利することができません。

セットカウント

1セットマッチの場合は、1セット取ればゲームセットになります。
3セットマッチの場合は、2セット先に取ればゲームセットとなります。
ダブルスの場合は、セットオールで並んだファイナルセットは、最近プロの試合で採用されているスーパータイブレーク方式と呼ばれるルールで行われます。

セットカウントで勝利すれば、ゲームセット。試合終了です。
テニスでは、自分がポイントを決めてもポイントになりますが、相手がミスをしてもポイントになります。
試合に勝つ秘訣は、いかに自分からポイントをミスして相手に与えないか。相手のミスを誘うほうが簡単と言えます。

関連記事もどうぞ。

テニスのタイブレークとは。最初は混乱するかもしれないけど、慣れれば大丈夫。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA