おすすめテニス映画。映像で見るテニスの世界。

テニスを題材とした映画はいろいろとありますが、世の中にそんなに沢山はありません。テニス映画のおすすめとしては、ウィル・スミス主演の「ドリームプラン」。これは2022年公開の映画ですが、役者さんのテニスレベルもしっかりしていて、CGではないリアリティがあります。では、テニスを題材とした映画を紹介していきたいと思います。それぞれレビュー記事も書いておりますので、気になる映画があったらチェックしてみてください。

ドリームプラン

この映画はセリーナウィリアムスとビーナスウィリアムス姉妹と、父親であるリチャードとの愛と絆の物語です。 ウィリアムス姉妹を育てたリチャードの、78ページにもおよぶ計画書。それがドリームプラン。環境も劣悪、お金もない、コネもない、なんでそんなところからトップ選手を育て上げることができたのか。常識破りな行動力で、ドリームプランに忠実に、どんどん環境を味方に変えていく、そんなユニークな展開を楽しめます。そして親子の絆、姉妹の絆をとても感動的に描いた作品です。

原題は【King Richard】

ボルグマッケンロー

ボルグの異常なまでの冷静さと目の奥にある深い悲しみのバックグラウンドを描いています。ボルグの勝利を支えていた、変化を嫌う行動習性や、彼を支え続けた婚約者との関係性もしっかりと伝わります。ボルグがウィンブルドンで連覇を始める前は、まるでマッケンローのように、わがままで、感情を抑えられず、コートにラケットを投げつける暴れん坊だったのです。映画の邦題の通り、誰もがボルグを氷の男、マッケンローを炎の男と考えていました。でも、実はボルグの内面でも、火山が噴火し、その噴火を力づくで押さえつけて、5連覇を勝ち取った軌跡が、痛々しいほどの迫力で表現されています。

ウィンブルドン

元世界ランキング11位から119位まで落ち込んでいた男が恋をした事によって心情の変化や偶然など彼の人生を動かす出来事が重なりなんとウィンブルドンを制覇してしまうといった漫画の様な逆転劇を繰り広げるストーリーです。この映画ではかなりクオリティの高いテニスの試合を見事に描写しており試合中の1ポイントの大事さや緊張などが手に取るようにわかるといった他のテニス映画では体験できないリアル感が存分に出ております。終始驚きと胸キュンに溢れるラブコメディであり、テニス独特のメンタル面や試合での描写など細部にもこだわっていることがわかる映画です。

マッチポイント

「ウィンブルドン」とは真逆を行ってるかのような不倫劇に、見る人にとっては嫌悪感を抱いてしまうかもしない。それが不思議とイギリスの美しい背景にぼやかされ、何とも言えない余韻を与えてくれる。テニスをエッセンスにした不倫ドラマ。非日常的な世界観にはまりたい人にはおすすめと言ってもいいでしょう。テニスの明るく爽やかなイメージとは真逆を行ってます。自分もテニスファンとしてこの作品をチェックしましたが、テニスが好きな人のためにある映画ではありません。人間関係のスリリングな展開のドラマが好きな人に合う作品です。

バトルオブザセクシーズ

「ラ・ラ・ランド」でお馴染みの美しさも可愛さも兼ね揃えたエマ・ストーンが演じる女子世界チャンピオンであるビリー・ジーンが「テニスをする男性も女性も対等な敬意を払ってほしい」と試合に込めた最後の元男子世界チャンピオンのボビー・リッグスとの対戦までの葛藤・責任感・懸命さなどのあらゆる感情を表現した場面、そして勝利した後のロッカールームでの涙は観ている人を感動の渦に巻き込むような包容感で満たされます。

映画のほかにも見てもらいたい映像集

ラファエルナダルアカデミー

伝説のプレイヤー、ラファエルナダルが現役時代に作り上げたテニスアカデミーのドキュメンタリー。自分もシドニーのクラブに留学した経験がり、見ているとフラッシュバックして感慨深い余韻に浸れます。

SPYxFAMILY

スパイファミリー、エピソード22から23にかけてテニスの展開は面白すぎ。突っ込みどころ満載でヨルさんの人並外れた能力が…。テニスファンとしては紹介しないわけにはいかないエピソードでありますので、ぜひチェックしてみてください。