テニスマッチングサイトを作りました。

テニススクールでコーチを務めた経験から、テニスが上達する人の特徴と実践した大切なポイントについてお教えします。

かつてテニススクールでインストラクターをしており、その時に教えた生徒で同じ教え方でも伸びる生徒と伸びない生徒とがおりました。今回は私の経験上、どういう方が上達するのかをご紹介したいと思います。

基本に忠実である人

まずもっとも重要なのが基本に忠実であるかどうかということです。どんなに運動神経が良くても初めから自己流の方は最初は良いのですが、必ず壁にぶつかり、そこから伸びなくなります。逆に基本に忠実な方は、最初はあまり目立たないのですが、徐々に目に見えるほど成果が出てきます。そして、そこからどんどん成長し、さほど壁にぶつかることなく上級者のレベルに到達します。私が教えていたスクールではとにかく素振りを徹底して繰り返し、体に叩き込ませました。癖がある方は早めに直させ、まずはフラット、スピン、スライスとストロークもサービスもきちんと使い分けれるようグリップもしっかり覚えさせたおかげで、球筋にも癖が出ないようにしていました。そしてあるレベルまで達した時からはそれぞれの個性に合わせて独自のスタイルを作らせました。基本がしっかりできていたからこそ、自己流でもブレのないストロークやサービスが打てるのです。

筋力トレーニングをおろそかにしない人

フォームなど初めから自己流の癖がついてしまうとあとあと伸び悩むと書きましたが、実は筋力トレーニングをおろそかにすることでも伸び悩みます。いくらフォームが綺麗でも上半身や下半身の筋力が弱いと同じレベルの選手と戦った時に必ず押されて、どんどん消極的になって負けてしまう例が多いです。ですので、ウェイトリフティングやランニングなどをきちんと定期的に行なっている方は、激しいストロークでも打ち負けることもなく、怯まず自信を持って粘り強くこなすことができるのです。

メンタルが強い人

これは本当に持って生まれた要素が大きいのですが、トレーニングによっても鍛えることができます。試合でいつもの調子が出なかったり相手のペースにのまれた時ほど落ち着いて淡々とこなすこと、そして結果はどうであれ、終わったら自分の試合を振り返って何が課題なのか、またどうすれば課題を克服できるのかを一緒に考えていきます。あとは場数を踏むだけですが、これをできるかできないかでトーナメントの戦績は全く変わってきます。

以上、私がかつてスクールで教える時にもっとも大切にしてきた3点を挙げましたが、この3つをきちんと行えた方は目に見えるように成長しましたし、学生でも社会人でもトーナメントでは高い成績を残していました。テニスを始めたけど、伸び悩んでいるという方はぜひ初心に帰ってこの3点を実践してみてください。

Photo by unsplash-logoAlexander Redl

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!